十九夜塔は、毎月十九日に集まり組織される、十九夜講の人々によって造立され、如意輪観音を本尊としています。十九夜講は、女性を中心とする女人講で、大字・小字・組内を単位としています。数珠繰りをして、安産や子育て、婦人病などの祈願が行われます。お勤めが終わると共同飲食になり雑談に花を咲かせます。(最近は行われていません。)