長福寺に2本ある大きなしだれ桜のうち、南側の老木の下にあります。天神の由来となる菅原道真公は、曹洞宗とも縁の深い梅の花と縁があるようですが、長福寺では桜の下にあります。