7月盆
迎え盆:7月13日
送り盆:7月16日

8月盆
迎え盆:8月13日
送り盆:8月16日

13日に墓所までご先祖様を迎えに行き、16日(家によっては15日)に墓所までご先祖様を送ります。その際には提灯などに火をつけてご先祖様の案内をします。これを、迎え火、送り火と言います。
家では精霊棚を飾りつけ、ご先祖様の供養をします。

長福寺では、 8月13日に、本堂にて盂蘭盆会の法要を修行します。また、全ての檀信徒の家を回り、精霊棚の前で盂蘭盆会の法要を修行します。

お盆の由来
お盆とは、梵語のウランバナを音訳した盂蘭盆(うらぼん)から来た言葉です。ウランバナとは、倒懸(とうけん、さかさまに吊り下げる苦しみ)のことで、亡きご先祖様をそのような苦しみから救うための供養が盂蘭盆会です。

お釈迦様の弟子である目連(もくれん)尊者は、ある時、自分の母親が餓鬼道に行って苦しんでいるのを知りました。お釈迦様に教えを請うと、僧たちを招いて供養せよ、そうすれば母は救われるだろう、と勧められました。目連尊者がそのとおりにすると、餓鬼道の母は苦しみから救われました。

たくさんのご先祖様があるからこそ今の自分が存在しています。そして、ご先祖様を大切に思う気持ちが、今の自分を大切に思うことにつながるということを改めて考えてみましょう。